スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナルの対談取材 瀬戸大橋

現代画報」2009年8月号の表紙は、雄大な瀬戸大橋の写真でした。

 私は関西に住んでいるので、四国は手軽に1泊旅行できる土地です。

 たいてい車ですが、瀬戸大橋を渡ることもあれば、淡路島から大鳴門を経由し
て四国へアクセスすることもあります。

 以前、やはり車で、香川の琴平で一泊し、こんぴら詣りをしたあと、帰りはし
まなみ海道を通って帰ったことがありました。

 瀬戸内の島々のなかを渡るしまなみ海道。あいにくの雨模様でしたが、これが
お天気ならばどんなに雄大で美しいだろうと思われる景色。

 途中では、大三島だけに立ち寄りました。ここには戦国のジャンヌ・ダルク、
鶴姫の胴丸、というものが伝わっています。

 鶴姫は、この大三島の大山祇神社の大宮司、大祝家のお姫様。

 瀬戸内海の覇権をめぐる争いで大内氏に責められ、臣下で婚約者の若武者、越
智安成が戦死してしまうという悲劇に襲われます。
 そして彼女は18歳で自害してしまうのです。

 子供のころ「つる姫」(阿久根 治子)という児童文学でこの鶴姫のお話を知っ
てから、一度訪れてみたいと思っていました。

 大三島は、勇壮な水軍の活躍を背景に、鶴姫という悲劇のヒロインを生んだ、
戦国のロマンを秘めた島なのです。




現代画報の取材で・・
現代画報 スポーツ選手は取材の名人? 現代画報社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア
プロフィール

kokusai100

Author:kokusai100
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。