スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社グループの国際ジャーナルの対談取材 野菜で乗り切る

連日の猛暑で食卓がすっかりあっさりメニューになってます。出来るだけ火を使わずに済むもの、さっぱりしたもの、に偏ってしまう。。夏野菜が生食OKなものが多いのは、暑さが関係しているんじゃないかと思っちゃいますね。トマトときゅうりとレタスでサラダとか(笑)。それに、肉っけが無くても、旬の野菜をもりもり食べてれば結構バテないものです。あんまり身体を冷やしすぎても良くないので、サラダばかりではなく、煮物、炒め物、天ぷらにしますよ。我が家の場合は経済事情的にも野菜で乗り切ってます。野菜はエライのだ!
報道ニッポン7月号のコラムに野菜の鮮度の見分け方が載ってますね。トマトは筋が入ってパンパンに張っているもの、きゅうりはトゲトゲが痛いくらいのもの、なすもヘタのトゲがビシッととんがってるものが新鮮です。トマトは水に浮かべて沈む方が新鮮ってテレビで紹介してましたが、店で買うときには出来ない技ですよね。やっぱり見た目とちょっと触った感じ(ベタベタ触るのはマナー違反!)で判断しないと。あと、どんなに安くても葉物は基本的に買い溜めしません。ほうれん草3束100円とかね、うっかり買いそうになりますが、茹でて冷凍しておく余裕がないときに買うと絶対腐らせちゃう。それに野菜室をパンパンにし過ぎると、どれをどのくらい使ったか分からなくなって、後からしなびた使いかけの人参が出てくるってこともあります。あれは悲しい。。整理しないと使えない野菜室はダメですゾ。



現代画報の飛躍
報道ニッポン 食べ物は大切に 食品廃棄量削減を目指そう/報道通信社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア
プロフィール

kokusai100

Author:kokusai100
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。