スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社の月刊経営情報誌・現代画報 家庭における太陽発電の可能性について考えてみる

これからの日本では環境に関するテクノロジーが新しい産業になる可能性があり
ます。この点については、国際ジャーナルなどのマスコミ各誌でも取り上げてい
るとは思いますが、細かいところまで調べてみたいと思います。実際のところ再
生可能なエネルギーとして太陽光を使う場合、直接電気に変換する技術が必要で
す。また、発電時に全く二酸化炭素を排出しないというメリットがありますが、
コストについても考えてみる必要があります。いずれにしても環境にやさしい発
電方法なのは確かですから、なんとか普及してもらいたいところです。太陽光発
電を一般家庭で使う場合、結果として電力会社から購入する電気の量は少なくな
ります。そのために、太陽光発電を取り入れた家庭では、光熱費を低く抑えるこ
とができます。これはいい話ではないかと思います。家庭用の太陽光発電につい
ては、小型化や軽量化も進んでいます。技術の革新が日々行われているためでは
ないでしょうか。小型化のタイプであれば、狭いスペースでも設置が可能になり
ますから、日本の住環境でも問題ないと思います。これからの時代は、太陽光発
電を中心として、新しいエネルギーが普及していく時代になってもらいたいとこ
ろですね。





国際通信社グループ 国際ジャーナル 報道ニッポン 報道通信社
nownews.bex.jp 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 wiki 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア
プロフィール

kokusai100

Author:kokusai100
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。