スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報社 最新人型ロボット

大阪市にあるロボットの開発・製造会社は、高齢者の支援のための人型ロボット「ロボビー」
の最新機を発表しました。京都府にある国際伝記通信基礎技術研究所と開発し、旧機種よりも
105万円安い399万円で販売を始めたのだそうです。

発表した最新機は身長108センチ、幅が50センチ、奥行き25センチで体重が35キロの「ロボビー
R3」というものだそうです。
2004年11月発売の旧機種より20キロほど軽いということですが、足回りが強化されて点字ブロック
やスロープがあっても進むことができるというものだそうです。ゲーム機のコントローラーの
ようなリモコンで簡単に操作できるということです。

人との意思疎通を実現するために、USBカメラの目、モノラルマイクの耳、スピーカーの口を持ち、
頭や肩、手や足にある計11個のタッチセンサーで、ものに触れたことを感じ取るということです。

販売先は研究機関に限定だそうで、高齢者や体の不自由な人と手をつないで道案内をしたり、
買い物の手伝いをしたりできるようなロボットを目指しているということです。

以前、雑誌「現代画報」では「高齢者」「介護」に関する記事が様々な内容で取り上げられてい
たように思います。介護する側は、もちろん人間が行っていると思うのですが、人間にも限界が
あるように思います。体力、精神的なもので疲れる場合が多いでしょう。そういったときにロボ
ットの手を借りることで、かなり楽になるのではないでしょうか。ちょっと前まで「ロボットの
開発」など夢にも見なかったことなのですが、技術の発達というのは本当に速いと思いました。
介護を楽しく、そして少しでも疲れがたまらないようにすることが、お互いにとっても良いの
ではないかと私は思っています。


国際・報道通信社のつぶやき
現代画報社「ゆるキャラ」は日本経済の救世主になり得るか? 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 現代画報は現代画報社から出版されています 現代画報|またひとり-現代画報との出会い 国際ジャーナルの掲載企業 国際ジャーナル 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際ジャーナルの求人 現代画報のグラビア雑誌 wiki 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 国際通信社の国際ジャーナル 国際ジャーナルが発刊 200812 国際ジャーナルで広がった人脈 報道ニッポン|社会不安障害について
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア
プロフィール

kokusai100

Author:kokusai100
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。