スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル 取材 カバのナツコ

大阪市天王寺区にある天王寺動物園で、2月1日、雌のカバ「ナツコ」が37歳で息を引きとったと
発表しました。人間の歳にすると80歳くらいなのだそうです。国内のカバでは8番目の高齢で、
同園で飼育した18頭の中では最も長生きしたのだそうです。

新聞記事によると、息を引きとる1週間前から寒さや右後ろ脚の古傷の痛みから動きが鈍かったと
いいます。1月29、30日は、寝室から出るのを嫌がり引きこもってしまったそうです。31日はプール
に入ったようですが、夕方に陸に上がったところで動かなくなったしまったそうです。
飼育員らは、毛布をかけて保湿に努めたとのことですが、数時間後に息を引きとったとのことです。

この「ナツコ」は、天王寺動物園生まれなのだそうです。その後、雄が3頭、雌を1頭産みました。
体調は3メートル33、推定体重が2トンということです。
子宮と肝臓に腫瘍があったそうで、病死とみられています。ナツコがいなくなったことで、動物園
内のカバは、ナツコの三男の「テツオ」とテツオの嫁の「ティーナ」の2頭になったということです。
ちなみに、テツオは26歳、ティーナは11歳だそうです。

この記事を読んでいて、私も私の子供も天王寺動物園生まれのナツコの姿を見た事があるはずだ、と
思ったのです。私は大阪生まれの大阪育ちです。小学校の遠足には天王寺動物園に行きました。その
頃には、すでにナツコは天王寺動物園にいた事になるのです。きっと名前も分からないまま「カバ
だ」と喜んで見ていたと思います。
カバにとって37歳で息を引きとるというのは早すぎるのかどうか分からないのですが、今まで多くの
子供たち喜ばせ、楽しませてくれた事でしょう。ありがとう・・・と伝えたいです。


press-blog | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
報道ニッポンの誓い 報道通信社
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年5月号のご案内
あゆみの取材で・・報道通信社
経済情報誌 報道ニッポン 2009年7月号のご案内
国際ジャーナルへの思い
タレントがインタビュアーになり取材します 現代画報 名古屋 国際通信社グループ 現代画報取材日記 200808 今、評判の雑誌って? 商法 取材費 報道通信社 取材 東京 掲載料 刑法 国際ジャーナル 掲載料 報道ニッポン 取材商法とは? 国際通信社 民法 Google Earthで見る第二次世界大戦の戦場巡り‐ニコニコ動画(ββ) 大阪 報道ニッポンからの取材 うなぎ - 楽天ブログ 振り込め詐欺など悪徳商法にお気をつけ下さい! 現代画報社 国際通信社って 発行部数が3万部以上
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア
プロフィール

kokusai100

Author:kokusai100
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。