スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道通信社 取材 話題のバームクーヘンは年商16億!

大阪で大人気のお店「27008967

ig7FHpr97MSZo3BZ0kaRrwhfjeaZJ+Os+F+FdlBGtBE=

MADAME SHINCO(マダム
シンコ)」、ご存知ですか?



ネット通販でも、ものすごい人気のお店なんですよ!



店舗は郊外にあるにも関わらず、毎日大盛況だそうです。

私はお取り寄せ専門なので、実店舗に足を運んだ事はないのですが(笑)



バ―ムクーヘンは今人気のスィーツのひとつですよね。

バームクーヘンは原材料価格も安く、日持ちがするスィーツなので店側にとっても、
都合の良いスィーツ。



「マダムシンコ」で人気の商品は、「バームブリュレ」という名のバームクーヘン。

周りはパリパリ、中はシットリ、新食感で一度食べたら病みつきに♪

改良に改良されたメープルシロップのかかった「バームブリュレ」は、焼き方にも工
夫がされています。



バームクーヘンの層を作りながら焼くことで木の年輪のような形を作り出しますよ
ね。



中がシットリという「バームブリュレ」は、1層、2層と焼きあげられ、3層目には
焼き色は白。

白く焼き上げることで、水分を飛ばすことなく焼きあがるから、しっとりとした食感
のバームクーヘンになるそうです。



また、マダムシンコの売りのひとつに箱のデザインがあります。

お菓子の箱は、ヒョウ柄にピンク。

見た感じどぎつい感がありますが、ある意味可愛らしくも感じます(笑)



「マダムブリュレ」の食べ方は3通り!



その1 常温で!

その2 加熱して!

その3 冷凍して!



常温では、パリパリシットリ感。。

加熱すると、フワフワ食感。。

冷凍して薄くスライスすると、サクッとバニラのような風味に。。



作り方にこだわり、焼き方を追求したからこそのバームクーヘンは、病みつきですよ



報道ニッポンとの巡り合い
国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際通信社グループ 報道ニッポン 現代画報
評判の取材先に行く国際ジャーナル
報道ニッポンを発行する報道通信社の雑感
国際ジャーナルで扱う詐欺問題
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年5月号のご案内
取材 国際通信社 東京 大阪 民法 報道通信社 取材費 発行部数が3万部以上 振り込め詐欺など悪徳商法にお気をつけ下さい! タレントがインタビュアーになり取材します 国際通信社って 取材商法とは? 掲載料 名古屋 国際ジャーナル 商法 現代画報 刑法 報道ニッポン 現代画報社 今、評判の雑誌って?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア
プロフィール

kokusai100

Author:kokusai100
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。