スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛読書、国際ジャーナルから発展して

被害者の嘘なのか、どうなのか
よく読む誌とは関係ないですが、数年前からずっと見つめている事件がある。静岡県の御殿場市というところで数年前に起こったあるわいせつ事件。

真実は分からないけど、何度も何度も繰り返されるニュースの検証を見ていても、個人的にどうも誤認逮捕としか思えない内容で、そのニュースを聞くたびに、何故正当だとしか考えにくい理由が認められないのかとやりきれない気持ちになる。被害者の女性が証言をころころ変えても聞き入れるのに、加害者だといわれている少年達がいくらアリバイを訴えても聞き入れてもらえない。どちらの目線に立つでもなく判断することは難しいことだけど、いくら被害者の立場にたっても、(たとえ無罪だろうが有罪だろうが、)見てて可笑しすぎる判定をされているこの事件には、何か裏があるようにしか思えない。

そういった法律や世間一般を完全に理解しているとはいえない普通の庶民である私が見ても、どうやったらそんな判決や判断になるのだというような事件はまだまだたくさんある。平等だ、安全だとこの国をすばらしいと声たからかに言うのは、まだもう少し先のような気がする。クーリングオフ
悪質商法による被害が蔓延している今の日本において、
救いの綱といえば、「クーリングオフ」制度である。

しかし、現在のキャッチセールスやオレオレ詐欺、
ねずみ講などの悪徳詐欺商法はクーリングオフできない隙間
を狙ってやってくる。特に個人経営をしている自営業者は、
クーリングオフ適用外のため、会社名義で購入してとせがんでくる
場合があるという。

そんなケースを考慮して、法改正が進められているか、
どうしても適用外といった部分はでてくるため、
ますます個人自営業者が狙われるのではないかということが
懸念されている。

まずは一人一人が、騙されないように、
気をつけて行かなければいけない。クーリングオフ
悪質商法による被害が蔓延している今の日本において、
救いの綱といえば、「クーリングオフ」制度である。

しかし、現在のキャッチセールスやオレオレ詐欺、
ねずみ講などの悪徳詐欺商法はクーリングオフできない隙間
を狙ってやってくる。特に個人経営をしている自営業者は、
クーリングオフ適用外のため、会社名義で購入してとせがんでくる
場合があるという。

そんなケースを考慮して、法改正が進められているか、
どうしても適用外といった部分はでてくるため、
ますます個人自営業者が狙われるのではないかということが
懸念されている。

まずは一人一人が、騙されないように、
気をつけて行かなければいけない。

報道通信社|報道ニッポン
国際通信社
現代画報
現代画報
国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア
プロフィール

kokusai100

Author:kokusai100
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。