スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報社の取材で 非定型うつ

現代画報社の雑誌によると若い女性に“非定型うつ”なるものが増えているそうだ。
このうつ病、気分の落ち込みや集中力の低下など、従来のうつ病特有の症状はあるものの、好きな事をすれば楽しいなど気分にムラがあるらしい。その他、不眠でなく過眠になったり、食欲低下でなく過食になったり、一見すると“うつ”とは分かりにくいのが特徴だという。ともすれば“サボリ”と見られてしまう事も少なくないだろう。

最近、こうした耳慣れない疾患名を聞く事が多くなったと思う。
○○障害、△△症候群…なぜ今、こうした疾患が急速に増えているのだろうか。
働き方の変化などで一人当たりの業務負担が増えたからか、人とのコミュニケーションが希薄になっているからか、それとも・・・原因を考え始めればきりがなく、あるいは昔から存在していたのに、病気として理解されていなかっただけなのかもしれない。

ともあれ、非定型うつの対策の1つとしては、毎日目的を持って生活することが
有効らしい。例えば、「今読んでいる本を読み終わる」といった些細な事でも良いようだ。

若い世代の所得低下が続き、共働き世帯は今後更に増える事が予想されている。
また、昔から就職は雇用サイドに有利であったけれど、昨今の不況の影響でその傾向が顕著になっている事実も否めない。
ストレス社会と言われて久しい今、メンタルヘルスの問題はもっと注目されてもいいはずだ。

ザ・ヒューマン 企業を見ていた時には、知り合いの企業が紹介されており、それ以外にも気になるリフォーム業者・カーショップの企業など取材記事を目にしました。
友人は仕事の都合で賃貸情報の情報収集をしているそうで、報道通信社グループの雑誌を参考にしていました。
病院のワードだけでも色々な関連サイトが検索されることに、友人はとても驚いたそうです。
そのカメラの画像には友達が写っていて、写真をクリックするとその詳細な情報が大きな文字で表示されるなどとても配慮が行き届いていました。
太陽光発電について興味をもち、ネット初めて京セラ 太陽光発電の情報を得たのだそうです。
明るめの皮がお洒落で、素材も柔らかいため荷物の出し入れも楽そうでしたが、彼の自慢したい所はこれが彼の友人からのプレゼントだという点でした。
新築ながらも手頃な値段で借りる事が出来る賃貸物件 大阪は、駅からの距離や繁華街からも近く、生活にとても便利そうな物件などがあったそうです。
こちらの報道ニッポン 特集記事の雑誌を読んで知った情報のようでした。
その際にどういった様々な現代画報社 月刊誌のものがある事を知り、今後役に立つかもしれないと記憶しておく為に雑誌を購入したそうです。
次の機会には、雑誌についても詳しく教えてくれるそうで、今度伺うときは知人の方が気に入るような手土産を持参して、日ごろのお礼をしたいと話していました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア
プロフィール

kokusai100

Author:kokusai100
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。