スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トップフォーラムの絆 円高とデフレの「二重苦」

来年度新卒者採用数の大幅な落ち込み、既存正社員の早期退職者募集の急増、ボーナス、給与の切り下げ、定期昇給の抑制、住宅ローンの破綻者急増などの暗い中、そして、円高、デフレ。まさに、あり地獄状態将に陥っている。いろいろ議論があって、功罪半ばするのだろうが、この現況下では、大きな財政出動が必要と考えたい。借金は将来に大きな禍根を残すが、最大限の知恵を使って有効な借金の有りかたを論ずるべきと思われてならない。過去の歴史では、名君がいずるを制して禁欲政治を行って財政立て直しに成功しているが、同時に様々な殖産をそれ以上に知恵を絞って奨励している。本質はこちらであって、禁欲は再生までの時間軸が短くなっただけと考えられる。当時は国内産業のみであったが、現在のような世界経済の中にいる時代では、禁欲、縮小財政では経済再生はかなわないような気がしてならない。過去は、政治家が利権絡みで、財政出動しているが、そこを絶ち、真の経済再生プラン立案を行って、断行して欲しいものである。




国際通信社グループを訪問した際に貰ったカタログを見ながら何を買おうか迷っていたそうです。
また、後にサイトで確認したオイルマッサージ 大阪として紹介されているマッサージもあったそうで、今度友人と行くことにしました。
友人は、国際ジャーナル 月刊誌をいつも先取りして読んでおり、誰よりも早く様々な企業情報を仕入れてきます。
彼は思い出を映像や写真に残すのが好きなので、例えば高校卒業後、大学に通う傍ら雑誌記者として働きながら、思い出の場所を細かく動画や写真に残しています。
どうやら彼女よりも早くお店に着いてしまったので、お店にあった報道ニッポン 職人を読んで待つことにしました。
雑誌『国際通信社 国際ジャーナル』は、創刊以来、企業経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
最初のうちは、無知な状態から起業されたようで、初めは苦労したようですが、現代画報社 月刊誌で紹介されていました。
イラストレーターの家にもらわれてきた一匹の捨て猫のフォトエッセイが国際通信社 猫から販売中です。
先日、友人宅の新築祝いへ行ってきました。
友人のお仕事は歯科医師で、国際ジャーナル 医療でも取材されたと喜んでいました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア
プロフィール

kokusai100

Author:kokusai100
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。