スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊誌リーダーズアイより 朝食の必要性

「朝ごはん抜きは脳への“虐待”?! ──朝ごはんのススメ」
という記事が以前国際ジャーナルに出ていました。
朝食をとることによるメリット、デメリットは、
さまざまな方面からしばしば話題になっています。

朝食の必要性は、次のような脳の働きとの関係より説明されます。
脳は、その唯一のエネルギー源がブドウ糖であり、
そのブドウ糖をためておくことが脳にはできまないため、
常に血液中からブドウ糖を補給してもらわないとよく働くことができないと言われています。
ブドウ糖はご飯やパン、めん類などのでんぷん質の食物からつくられ、
ご飯やパンを食べて30分くらい経つと、血液中のブドウ糖(血糖)はピークになり、
次々と脳に送り込まれていきます。
脳に供給されずに余ったブドウ糖は、肝臓にグリコーゲンとして備蓄され、
必要に応じてまたブドウ糖に変換されます。
しかし、この蓄積も12時間が限界なので、
血糖値は一日のうちで朝食前に最も低くなります。
つまり、朝起きたとき、脳はすでにエネルギー不足に陥っているというわけです。
何も食べないで会社や学校へ行けば、脳が働かないのも無理はありません。

しかし逆に、内臓の働きとの関係より、
朝食は必要ではないという意見も存在します。
内臓は、食事後消化、吸収、排泄など一連の消化活動を完了するのに
18時間を要すると言われています。
18時間の間をとることなく食事を行うということは、
内臓がまったく休むことなく一生働き続けるということになり、
体に与える負担は大変大きなものであるというものです。

どちらの意見も理にかなっていると思われますが、
結局は個人の生活習慣に合わせ、無理なく行うことが一番かと思います。
私個人としては、目覚めたら必ず欲しくなる
ご飯、味噌汁、納豆の3点セットをこれからも毎日おいしくいただき続けたいと考えています。

また、私が友人のサイトをリニューアルした方がいいとホームページ制作 大阪で情報を調べました。
友人が、メディプロフィット69 包茎対策を取り扱っている美容ショップに依頼したと話していました。
扇町のイシスではアロママッサージやオイルマッサージのサービスを提供してるそうです
その物件は敷金礼金なしで入居でき、共用スペースでテレビを見たりゲームをしたり、ビリヤードを楽しんだり共同生活とプライベート生活をバランスよく楽しみたい人向けの物件のようです。
会社の上司が、ザ・ヒューマン 特集がお勧めだそうです。
友人もアロマオイルを使用していた事があり、そちらも使用感は良かったと話してくれました。
話に聞いて驚いたのが、プロポーズを受けた際もライフスタイルに合わせた保険料が設定できるという保険 大阪に相談したそうです。
料理以外にも電車や新幹線を利用して遠出をする事も好きなようで、今度鹿児島まで行ってみたいと考えているそうで、一人旅のプランを立てているそうです。
この友人は、他にも株式会社現代画報社の雑誌についても詳しく、異業種ネットでお勧めのお店を紹介してくれた事がありました。
髪毛力 ヘアブラシが趣味の同僚は、インターネットを通じて購入することが多いそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア
プロフィール

kokusai100

Author:kokusai100
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。