スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊誌は報道通信社の報道ニッポン 悲劇のロマンをかきたてる?

2006年2月の「現代画報」に「チュニジア共和国 カルタゴ遺跡」という記事
がありました。

カルタゴ、と言えば中・高校の歴史の教科書で、「象のハンニバル」という将軍
が有名ですよね。

第二次ポエニ戦争で、なんと37頭の象を率いてアルプスを越え、イタリア半島
へ侵入を試みたエピソードはあまりにも有名。

彼の戦術家としての手腕にたいする評価は非常に高く、なんと2000年を経た
現在でも、色々な国の軍隊組織から参考にされるほどなどだそうです。

教科書的に有名なのはポエニ戦争ですが、文学の世界では、ローマの著述家ヴェ
ルギリウス(ヴァージル)の「アエネイス」も有名です。

カルタゴの女王デイドと、トロイを追われた英雄アエネイスの悲恋が取り上げら
れているのですが、オペラの題材などにもなっています。

アンデルセンの「即興詩人」に主人公のアントニオが歌姫のアヌンチアタを初め
て見るシーンで、アヌンチアタが演じていたのがデイドでした。

また、フローベールの小説「サランボー」は、カルタゴ女神タニッチに仕える巫
女サランボーのお話。青年隊長マトーはサランボーに恋しますが、これもまた最
後にマトーが死んでしまうといういう悲劇で、映画にもなりました。

カルタゴは、作家たちに、激しく、悲しい恋のロマンを予想させるイメージをも
っているのかも知れませんね。






大阪市西区立売堀1-7-18 国際通信社ビル8F TEL:06-6536-1134(代表)
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル
国際通信社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア
プロフィール

kokusai100

Author:kokusai100
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。