スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル・月刊誌・国際通信社 菅笠が人気に

雑誌「現代画報」で、以前「ブーム」に関する記事が載っていたように思います。「現代

画報」で紹介されていたものとは異なるものなのですが、ここ何十年、細々と生産が続いて
いた大阪市東成区の「菅笠(すげがさ)」が、折からの「お遍路ブーム」で、人気を盛り返し
ているのだそうです。

江戸時代に伊勢参りの道中、お守りとしても使われた由緒ある「ブランド笠」を守ってきた
地元の主婦たちは「今になって売れるとは」と驚いているのだそうです。

太くて丈の長い菅が自生して、大阪から伊勢神宮に向かう街道沿いに位置するこの地域は、
江戸中期、菅笠の一大産地として栄えたのだそうです。歴代天皇即位式や、伊勢神宮で20年
に1度行われる「式年遷宮」に納められ、上方落語の演目「東の旅 発端」にも登場します。

生活様式が西洋化して需要がなくなったことから職人が減り、せめて式年遷宮に備えるために
と、1987年に主婦7人が「深江菅細工保存会」を作り、技術をつないできたそうです。

長い間、念に数枚程度の生産だったのが、団塊の世代が定年を迎えて、健康ブームから四国霊
場八十八ヵ所を巡る遍路が注目され始めた2007年から、年に30枚前後注文がくるようになった
そうです。保存会が受注できる精一杯の数だそうです。

歴史を守ろうと立ち上がったみなさんが、一針一針丹精を込めて縫ってきた甲斐があったので
はないかと思います。また、手間のかかる作業なのだそうです。人気があるのは、丈夫で美し
く、長い遍路旅でも快適に歩けるのだそうです。
この記事は新聞で取り上げられていたものなのですが、技術が発達して様々なものが開発され
ている今の日本で長い歴史が続いているというのは、とても素敵なことだと思いました。





国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
国際通信社
国際ジャーナル
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア
プロフィール

kokusai100

Author:kokusai100
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。