スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 月刊 財政再建にはどんな取り組みが必要なのか?

日本の税制については、いろいろと見直しをしていく必要があるのでしょうか。
国際ジャーナルなどの雑誌を読んでみると、日本の税制については、制度疲労と
いう面もあるのではないかと感じます。207兆円という国の総予算について
も、税収の面から、徹底的に見直してほしいところです。その中から、無駄なも
の、必要のない制度、あるいは間違った制度については、変革が求められている
と思います。消費税の税率アップといった議論も必要になるかもしれません。し
かし、まずは政府として、増税から入っていくのではなく、今までの財政の無駄
を徹底的になくしていくのが筋ではないかと思います。また、環境税という新し
い税制もあります。これについては、税制調査会や省庁間をまたぐ議論になると
思います。かつて話題になった埋蔵金ですが、その存在を否定していた自民党の
政治家も、かなり埋蔵金を使ったようです。これは政権交代の効果といえるで
しょう。民主党の予算の中でも、いわゆる埋蔵金はかなりの金額で予算に計上さ
れているみたいです。基本的には、埋蔵金は無限にある訳ではないですから、
207兆円という総予算の色々な見直しをしっかりとしてもらいたいところで
す。それには政治家のみならず、役人の方々の踏ん張りも必要になってくると思
います。







国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル』では、各界著名人をインタビュアーに迎え、経営者、ドクターとの対談取材の中から生きざまや経営理念、そして将来への展望について語っていただき、それを再構成して誌面に反映していきます。
報道ニッポン再発見
国際ジャーナル|国際通信社・報道通信社・現代画報社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア
プロフィール

kokusai100

Author:kokusai100
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。