スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 月刊 出版不況

いろいろなことがインターネットでできてしまう今日この頃、本なんかも電子書籍で済ませてしまう方も増えているようです。というのも、出版科学研究所が調べたところによると、電子書籍を除いた2010年の出版物の推定販売額は1兆8748億円で、なんと21年ぶりに2兆円台を割り込んだ2009年をさらに下回ったことがわかったそうです。出版物って2兆円も儲かっていたのか、と思いましたが、普通は2兆円のところが、約1250億円足りないってことですから、これはかなりの不況ってことですよね。昨年は「電子書籍元年」と騒がれていましたが、紙媒体の本にとってはかなり真剣にまずい状態が続いているようです。個人的に見れば、インターネット上だけではなくて、やっぱり紙で読みたい本というのもあるのではないかなあと思うのです。ぐぐぐっとひきこまれるのは、やっぱり紙の本ではないでしょうか?そんなことないのかな。紙の書籍と雑誌を合わせた販売額は3・1%減だそうで、雑誌なんかもみなさん買わなくなってきているのかな?最近では付録に力を入れているので、付録目当てに買う方も結構多くいらっしゃるのかと思いましたが、そんなことはないみたいですねえ。ちなみに雑誌の休刊は216点となったそうですが、これは過去2番目に多いそうで、また創刊は110点ということです。これからどうなっていくのでしょうねえ!

「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年8月号のご案内 | 国際通信社
gourmet.gob.jp
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア
プロフィール

kokusai100

Author:kokusai100
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。