スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 茶道を学ぶ授業

新聞に載っていた記事なのですが、京都府教育委員会は来年度から府立の全46高校で、
授業に「茶道」を導入するということなのです。

茶道を通じて日本の伝統文化に親しむと同時に礼儀作法を身につけてもらうというのが
ねらいのようです。補正予算の措置を取って、今年度から試験的に12校で先行実施される
ようで、12月14日には第1弾として向日市の高校で3年生の男女40人が体験
した様子が新聞に載っていました。

授業では、茶室に出入りする際に両拳をたたみに突いてひざを進める動作の「にじり」の
練習や、茶を頂く前に両隣の人にあいさつをすることなどを学んで、お点前を味わった
ようです。

私自身、茶道を経験したことがありません。ただ、知人で茶道を習っていた人が言うには
「気持ちが落ち着く」など、精神的にも良いということを聞いたことがあります。
日本人に歴史ある礼儀作法やマナーなど、学生だけではなく、今は社会人として活躍している
人々にも身につける必要がある時代になってしまっているかもしれません。
以前、テレビの情報番組で見たのですが、外国から日本に来て茶道の勉強をしているという
人の紹介が放送されていました。
日本人には薄れている作法をきちんと身につけていたので驚きました。
私たちも恥ずかしくない行動をとりたいものですね。


国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
現代画報 時計をあげる詐欺/現代画報社
怪しいものにきをつけろ!! okiの現代画報
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア
プロフィール

kokusai100

Author:kokusai100
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。