スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 時間で区切る

現代画報11月号に「理想のワーク・ライフ・バランスの実現に向けて 今求められる、“勤務間インターバル規制”の導入」という記事が載っていて、よく分からなかったので調べてみました。勤務間インターバル規制というのは、一つの業務が終わったら次の業務に移るまで一定時間休みを取る、という制度です。例えば、インターバル時間を10時間と設定すると、24時まで残業した場合、通常は9時出社でも翌日の出社時間は10時にする、というものです。この時間差による賃金カットなどは行われません。へええ これ、いいじゃないと単純に思いました。なぜなら、ウチのダンナの会社はフレックス制を取っているとは名ばかりで、30分もフレックスタイムが無いのです。残業で午前様になってヘトヘトなのに、翌日も早起きして頑張ってる姿を見ていると、過労死という言葉が頭を過ぎってしまいますよ。政府が法改正で割り増し賃金引上げを実施しましたが、労働時間そのものを規制するこのインターバル規制の方が、働く人の生活・命を守るという発想に結びついているという気がします。やっぱりね、日本人は働きすぎ。これを考えたEU諸国の考え方、特にイギ・・螢洪佑旅佑・・砲漏悗屬箸海蹐・腓④い任后・纏・茲蠅蘯・・・搬押・板蹐鯊莪譴帽佑┐襦8朕夕腟舛噺世Δ・發靴譴覆い韻譴鼻・疣・爐靴燭蕕、靴泙い任垢・蕕諭・・・・
gourmet.gob.jp
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年3月号のご案内 | 現代画報社
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア
プロフィール

kokusai100

Author:kokusai100
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。