スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェイスブックで国際ジャーナル 往年のブランドの人気が復活

往年のブランドが復権してきているようです。理由は、電通が言うような理由も一つの理由かも知れませんが、主たる理由とは思えません。消費の購買力が若者のそれよりも、団塊の世代などが主力をになうようになったから、その世代に馴染みの深いブランドがすんなり受け入れられている要素が強いように思われます。各企業は、時代と共に置き去りにされ、過去のものになってしまったブランドを今、一度洗い直して、リニューアルできないかを検討するに値する可能性があります。
今の時代は、メインストリート系の商品よりの一歩、裏道に入ったような商品、また機能性に溢れた商品が好まれるような気がしています。既存ブランドの有効活用は、ブランドを浸透させるコストが大幅に軽減されるので、視聴者の心に響くメッセージを軽く乗せるだけでビジネス展開できるのでこのトレンドは嬉しいことではないでしょうか。




日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
現代画報
報道通信社
スポンサーサイト
フリーエリア
プロフィール

kokusai100

Author:kokusai100
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。