スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビジネスの月刊誌国際ジャーナル 日本の賃金制度とデフレの関係について考える

日本のこれからの行方にはどんな世界がまっているのでしょうか。たとえば、日
本的経営において代表的な仕組みと言われた定期昇給のあり方についても、これ
からは見直すべきではないかという意見もよく聞くようになってきています。国
際ジャーナルでも、この賃金制度については分析をしてもらいたいところです
ね。このような考え方の背景には何があるのでしょうか?経営者としては、どん
な主張があるのか聞いてみたいところです。定期昇給は毎年、自動的に賃金が上
がる日本ならではの制度です。しかし、グローバル社会とい呼ばれるようになっ
て、中国など世界との競争によるコスト削減の必要性が高まってきています。ま
た、物価の下落傾向が続くデフレも重要です。このような環境において賃金だけ
が毎年上昇する仕組みは維持できないのではないかという主張なのかもしれませ
んね。いずれにしても日本経済を巡るこうした情勢の変化が、これからの賃金制
度にも影響を与えかねない状況だといえるかもしれません。しかしながら、社員
の立場からしてみますと、賃金が上昇していくことが前提となっているケース
も、例えば住宅ローンなどではあると思いますから、この問題については難しい
ところもあると思います。







現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
日本の全会社数の90%以上は中小企業が占めています。つまり、日本経済の根底を支えているのは、地域に密着して活躍する中小企業なのです。絶えず変化する世界情勢、止めどなく広がる情報技術の可能性……そうした現代社会の中に身を置き、事業を成長へと導く経営者たちは、時代の先を読む洞察力と、いかなる苦境にも屈しない信念を内に秘めています。『ザ・ヒューマン』は、独自の取材を通じて、そうした経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。
報道ニッポン
現代画報社
スポンサーサイト
フリーエリア
プロフィール

kokusai100

Author:kokusai100
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。