スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊 国際ジャーナルで 55分間のお海水注入中断は管首相の意向

東京電力福島第一原子力発電所1号機、大震災直後に海水注入が

おこなわれていましたが、菅首相の意向で、約55分間にわたり

中断されていたそうです。

これは

淡水から海水へに切り替えることから再臨界の危険はないかといる

管首相の心配からのようですが、それについて原子力安全委員会の

班目春樹委員長は、「あり得る」と返答したため、再臨界の可能性を

検討してから海水注入をおこなうことになり、結果、約55分もの間

作業が中断。



12日午前、すでにメルトダウンしていた1号機、班目春樹委員長の

助言、そして首相の一言が更に被害を拡大させたかもしれません。


「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報社が発行する現代画報は、地元に根ざして事業を展開する企業を取材し紹介しています。独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
経済情報誌 国際ジャーナル 2008年12月号のご案内 | 国際通信社
nownews.bex.jp
スポンサーサイト
フリーエリア
プロフィール

kokusai100

Author:kokusai100
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。