スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月刊現代画報国際ジャーナル 塩分と紅茶。

 塩漬け食品のとりすぎや、食事全体で塩分の多い生活習慣を続けると、各種のがんや心筋梗塞、脳卒中などを発症しやすいことが、厚生労働省研究班の調査でわかったそうだ。
 私もとても味の濃いものが好きで、塩辛いものを好む傾向がある。酒は飲まないのでまだいいのだが、酒のつまみは大好物だ。ご飯のおかずにも塩漬けものもなどとともに食べることが多い。料理の味付けもついつい濃くしてしまう。さらに甘いものも大好きだから手に負えない。
 唯一の抵抗としては、紅茶をたくさん飲むことだ。紅茶にはタンニンという成分が多く含まれており、それが高血圧や糖尿病の予防、がんの抑制に効果があるとされている。私はお茶全般が好きなので、種類は問わず、常にお茶類を口にしている。とはいえ薬ではないので、本当に効果があるのかどうかはわからない。私が死ぬときに結果がでるのかもしれない。
 段々無理のきかない年になってきた。食事が不規則になったり、栄養が偏ったりするとすぐに体調が悪くなる。できるだけバランスよく食事を採る様に心がけ、最近はサプリメントの力も借りるようにしている。もともと体は健康な方なので、食事と運動に気をつけて、元気で長生きしたいものである。
 

国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
国際通信社が発行する国際ジャーナルは明日の日本を支える中小企業経営者のための月刊経営情報誌なのです。
国際通信社
国際ジャーナル
スポンサーサイト
フリーエリア
プロフィール

kokusai100

Author:kokusai100
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。