スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 月刊 教諭が訴訟を起こしたニュース

新聞に載っていた記事で、またテレビの情報番組でも取り上げられていた
ニュースです。
担任する女子児童の両親から長期にわたる抗議を受けたことで不眠症に
なったなどとして、埼玉県行田市にある小学校に勤務する女性教諭が、
女子児童の両親を相手取り、慰謝料500万円を求める訴訟をさいたま地裁
熊谷市部に起こしていたことが分かったのだそうです。
このニュースに対して文部科学省は「教諭が保護者を訴えた例は聞いたことが
ない」と話しています。

訴状などによると、昨年の6月に教諭が担任する女子児童と同級生の間で
トラブルが起きたそうなのです。女児の母親が教諭に「同級生が悪いのに、
自分の娘に謝らせようとした」との抗議の電話をかけたそうです。
母親はその後もたびたび連絡帳で「困った先生だ」などの苦情を寄せたり、
行田市教育委員会にも教諭の言動に関するクレームを伝えていたようです。
また、教諭が休職指導中に児童の背中に触れただけで、暴行容疑で県警に
被害届けを提出したということです。この内容は、新聞記事に書かれていました。

非常に難しい問題ではあると思います。国際通信社から発行されている雑誌にも
教育に関する記事が様々な内容で載っていたように思います。
新聞記事を読んだだけでは、本当にどちらが問題ある行動を起こしたのかは
私には分かりません。親も子供を心配するがゆえに思った以上の行動をとることも
あるかもしれません。教諭の立場からもみんな平等に・・・という考えが
あるかもれません。この訴訟、どのような結果が出るのでしょうか。


報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
国際ジャーナル・報道ニッポン・現代画報より
国際ジャーナル経済白書
スポンサーサイト
フリーエリア
プロフィール

kokusai100

Author:kokusai100
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。