スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社 月刊 漢字が書けますか?

仕事ではパソコンを使用することが多く、今では「手紙を送る」というよりは「メールを送る」と
いう時代です。いざ文章を書いていて「漢字がわからない」という時が多いのではないでしょうか。

私も実は「漢字がわからない」という事が多々あります。先日、子供が通園する幼稚園の参観に出席
した際に「保護者は家で感想文を書いてきて下さい」と言われました。いざ、感想文を書き始めると
漢字が出てこないのです。小学校時代に習ったはずの漢字が出てきませんでした。

そして、今我が家で毎週見ている番組で「ネプリーグ」があります。お笑い芸人の「ネプチューン」
の3人とゲスト2人が1つのグループになり、別のゲスト5人のグループとクイズで対戦するという番組
です。その中に「次のふりがなに漢字を書け」というものがあります。日常よく使われる漢字でも
急には出てこないのです。「あれ、どんな字だったっけ」と主人に相談することもあります。
主人もわからないときは、携帯電話を手に取り調べるのです。
先日は、「あきらめる」というふりがながありました。ゲストはお笑い芸人5人だったのですが、5人
のうち何人かがわからなかったようです。答えは「諦める」なのです。

また、「漢字にふりがなを書け」というものがあります。出題される漢字は、もちろん見たことがあ
るのです。が、「何と読むんだっけ」とすぐに答えが出てきません。

冒頭にも記述しましたが、今はメール、そしてパソコンでの文書作成が多いのです。もし、漢字が
わからないようであれば携帯電話を手に取り、すぐに調べることができます。以前のように「辞書」
を手にとって調べることは少なくなったのかもしれません。
せっかく学生生活の中で学んだ漢字です。書き方、読み方はしっかりと覚えておくべきだと私は思う
のです。
そのためにも文字を「打つ」のではなく文字を「書く」習慣をつけなければならない・・・と思って
いるのです。




国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際ジャーナルを手にして
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年6月号のご案内
スポンサーサイト
フリーエリア
プロフィール

kokusai100

Author:kokusai100
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。