スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道ニッポン 現代画報 国際ジャーナル 子供の安否を確認できなかった・・・

新聞記事に載っていたものなのですが、全国の児童相談所が虐待の疑いがあるとして
受理した通知のうち、8月30日時点で子供の安否を確認できなかったケースが288
件あったことが9月30日に、厚生労働省の調査で分かったのだそうです。
厚生労働省が安否確認の状況をまとめたのは初めてだということです。

厚生労働省虐待防止対策室長は「かなり大きな数字。子供の安全確保に向けて、さらなる
努力を自治体に求めたい」と話していました。
調査対象は4月から6月に全国の児童相談所が受理した通報計1万3469件と、それ
以前から児童相談所が継続的に関与していましたが、子供の姿を確認できない状態に
陥っていた254件だということです。
児童相談所の職員などが、改めて子供を目視する方法で確認を進めたそうですが、8月
30日時点で25都府県の計288件で安否が分からなかったといいます。

本当に虐待に関するニュースというのは、「多すぎる」というほど耳にします。
以前には雑誌「現代画報」にも載っていたように思います。どうして、自分がお腹を痛めて
産んだ子の命を簡単に終わらせてしまうのでしょうか。私も今、育児中の母親の身ですが
理解ができません。親も人間ですから気分のすぐれない時もあれば、イライラすることだって
あります。が、それを子供に向けてはいけません。子供がどれだけ痛い思いをするか、どれ
だけつらいかを考えたことがあるのでしょうか。痛い思いをさせる、つらい思いをさせるの
であれば、親自身が経験してみたらいい・・・と厳しい言い方ですが私は思います。
子供に罪はありません。子供はとても純粋です。考えてみてください。


国際ジャーナルの願い
現代画報 時計をあげる詐欺/現代画報社
スポンサーサイト
フリーエリア
プロフィール

kokusai100

Author:kokusai100
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。