スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際通信社グループの現代画報の対談記事 もうひとつの7月11日

参院選の話題ももちろん取り上げられていたのですが、それよりも大きく
報道されていたのが大相撲の野球賭博問題でした。
候補者が必死になって選挙活動されていた中、大相撲でも揺れに揺れた状態
だったのではないでしょうか。

大相撲名古屋場所が7月11日、愛知県体育館で初日を迎えました。
野球賭博に関与した力士19人は出場せず、親方13人が解雇や降格などの
処分を受けた末の開催で、十両以上の取り組みは昨年より6番減ったのです。

NHKが中継を中止した中、会場には約7200人が足を運んだそうですが、
名古屋場所の初日としては記録ある1985年以降続いた「満員御礼」が途絶
えたのです。

幕内の土俵入り前、横綱白鵬と三役力士の合計9人を従えて日本相撲協会の
理事長代理はあいさつに立ちました。今回の問題に関するおわびと、再生に向けて
確固たる決意を持って今回の場所を取り組みたいとのことでした。
初日、大きなトラブルはなかったということですが、問題が起きても根強いファン
は力士たちの応援に足を運んだそうです。有難いことなのではないでしょうか。
今回の問題で大変な状況になっているかもしれませんが、今後多くの人の信頼を
取り戻せるよう、ぜひ頑張っていただきたいですね。なにしろ国技なのですから。


国際ジャーナルで読み解く
月刊グラビア情報誌 現代画報 2009年5月号のご案内 wiki 現代画報は現代画報社から出版されています 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 経営者の為の異業種ネット
スポンサーサイト
フリーエリア
プロフィール

kokusai100

Author:kokusai100
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。