スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代画報社 評判の印鑑

三菱鉛筆株式会社が発売している印鑑『ダイヤルバンク印(イン)』が、印鑑盗難に対処できる。仮に通帳と印鑑を一緒に盗まれても、引き出しされることを難しくするというハイテク印鑑である。もっとも、通帳にほとんど預金のない人には無縁です。価格も21.000円と高くなっている。さて、仕組みはと言うと、印鑑の持つ所に1から8までの数字おダイヤルが2列付いていて、このダイヤルを各々回すことで64種類の模様印影に施すことができる。銀行に登録した後、ダイヤルをランダムにすれば、盗難者はこの印鑑を盗んでも最大64回トライしないと印影を合わせることができない仕組みになっている。最近は、通帳に印影を廃止していると思うので、悪用が出来なくなる。廃止していない銀行通帳では防げない。家の鍵にもこの円柱状のタイプがあるので分かりやすいと思います。今のところ、特に弁護士や医師が購入することが多いらしい。当たり前と言えば当たり前です。通帳と印鑑をしっかり、分けて保管・管理すればここまで気を使う必要はないですが、そんな簡単なことがなかなかできないということなのでしょうか。




国際ジャーナルと私
経済情報誌 国際ジャーナル 2009年6月号のご案内 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 経営者の為の異業種ネット 現代画報は現代画報社から出版されています wiki 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 報道ニッポンは報道通信社から出版されています
スポンサーサイト
フリーエリア
プロフィール

kokusai100

Author:kokusai100
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。