スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際ジャーナル ワンピースという作



漫画“ワンピース”の売上がすごいそうだ。 現在も連載中でコミックはの、売上累計はとんでもないことになっているだろう。 出版業界の不況が叫ばれて久しい昨今、作者の尾田栄一郎氏
はまさに救世主に違いない。 この方の凄いところは、連載を滅多に休まない上、いつ見ても絵がキレイなところだ。(好き嫌いの話でなく、クオリティの話。) 決められた期日に最高のものを仕上げる。
作品を見る度、彼のプロとしてのストイックな姿勢が垣間見え、最高に格好いいと思う。しかもストーリーの随所に遊び心を散りばめ、ご本人があくまで気負わないスタイルなのがまた心憎い。 週刊連載のスケジュールの
大変さは察するに余りあるし、アニメや映画、その他の関連事業の事まで考えると、マネジメント会社がいたとしとも凄まじい忙しさだろう。それでもこの方の書いた漫画には、作品への愛情が溢れ、読者への感謝が溢れていると思う。本当に素晴らしい事だ。 対価を貰って働いた瞬間、人はプロになる。それは対価を支払う人の為に最高
のサービスを提供しなければならないという事だ。 毎日の仕事に流される中でつい忘れてしまう大切なことを、ワンピースという作品は見る度に思い出させてくれる。
yahoogoogleseo.awe.jp
現代画報社「ゆるキャラ」は日本経済の救世主になり得るか?
スポンサーサイト
フリーエリア
プロフィール

kokusai100

Author:kokusai100
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。